若い時は、食事がファストフード中心やコンビニ弁当中心で、さらに1日保湿を忘れてしまったとしても翌日には、ふっくらとした肌が再生してきてくれています。

 

身体全体の細胞がエネルギーで満ち溢れてて、細胞がダメージを受けて死滅しても、新しい細胞が次々と生まれて来るから、肌を常にぴちぴちの状態に保ってくれるということです。

 

ところが、20代後半になる頃から、細胞の新陳代謝が徐々に失われていくことを感じてしまうでしょう。

 

大きく実感するのが、お肌の乾燥です。

 

肌が乾燥している状態だと、肌の水分が抜け落ちやすく、そして細胞にダメージが蓄積しやすくなり、肌がボロボロの状態になってしまうのです。

 

さらに、加齢が進むことで、今まで新しく生まれてきていた細胞のスピードが遅くなっていき、肌の悪循環が生まれてきてしまいます。

 

これが、肌のハリを失ってしまう原因ということです。

 

肌のハリを取り戻す上で考えなければならないのが、どうして肌のハリが失われていくのか?ということです。

 

若いうちの体は細胞の生まれ変わり新陳代謝が活発に行われています。

古くなった細胞がはがれおちてもすぐに新しい細胞が生まれてくる状態です。

 

年齢が進むにつれてこの活発な細胞の生まれ変わりがなくなってきてしまうのです。

 

これが肌のハリが失っていく原因ですね。

 

年齢を重ねていくと、寝ても疲れが取れない、すぐに疲れてしまうというのは、細胞の修復がすぐになされないことが原因となっています。

 

こうしたことが顔肌にも影響していくことで、肌細胞の生まれ変わりがにぶってきて、肌のハリが失われていくことになります。

 

とにかく保湿を大事に

お肌の保湿と同時に食事内容そして運動習慣なども持っていきたいところですが、全てを同時にスタートすることは難しいです。

 

第一、続きません。

 

なので、今習慣として持っているスキンケアの習慣の中でも保湿を特に大事にしていきたいものです。

 

いつも以上にたっぷりと保湿を念入りにしてあげる習慣を持つことで、お肌の生まれ変わりを実感できるようになるでしょう。